2008/04/27。フロントカウルがきれいになると、シートカウルの塗装のハゲがよけいに見苦しく思えてきた。そこで見栄えをよくするために簡単に塗装することに。シートスポンジを剥がして、400番のサンドペーパーで軽く赤色の部分をこすって足付けをしておく。ベースの白がウレタン塗装なので、上から塗られたラッカーの赤色がぼろぼろと落ちてくる状態。本来は赤色をすべて落としてウレタン塗装層まで削らないとダメなのだが・・・。

ゼッケンベースの白を生かすためにここをマスキング。シートベースのFRP地もマスキングしておいた。使う塗料はアサヒペンのラッカースプレー420ml。これ一本でお手軽にメークアップだ。

段ボールの箱の中に鉄アレイを入れて立たせ、そこにシートカウルを被せる。スプレー缶を少し湯煎して、15cmくらいの距離からプシュー。30分で乾く超速乾タイプなので、5分くらい間隔で重ね塗り。家の隣りにちょうどいい空き地があって便利で助かる。

5回ぐらい重ね塗りをしてスプレー1本が空に。これで薄い皮膜がカウルの表面を覆ったわけだが、ウレタン塗装面に食いついていないので、たぶん強く引っ掻けば剥がれてくるハズ。シートカウルのたわみにも弱いだろうし、やはりカウル系はウレタン塗装でなければダメなのだ。そんなわけで今回は簡易塗装。手間も金もかけないで進める。

30分くらいでマスキングを剥がしてみる。塗装自体はいい感じで仕上がっていたが、もともとの塗装面が割れていたり、FRP補修液の盛り上がりがあったりするので、近づいて見るとガタガタ。でも、いずれ落ちる塗装なので気にしない、気にしない。

例によってオリジナルステッカーでメークアップ。スポンサーのロゴマークを勝手に創造して「手作りステッカー」にプリント。UVカットフィルムを貼って、あとは切り出して完成。

こんな感じにステッカーを貼ってみた。

シートスポンジには厚めの両面テープを貼って、シートベースに接着。

以前から付けていたゼッケンナンバーの位置がズレていたので、これも気になって今回貼り直すことに。MFJ指定の書体で下書きをプリントアウトして、これをカッティングシートに貼って、あとは切り出すだけ。

シートカウルを塗装する

しわにならないようにゼッケンナンバーを貼り込む。

遠目にはなかなか美しく仕上がったシートカウル。テールエンドにもステッカーを貼っておいた。

う〜ん、やっぱりハゲハゲのシートカウルよりだんぜんイイ。

item6
TZR50R

ピストンリングを交換する

シートカウルを塗装する

フロントカウルを付ける

タンクキャップをチェックする

デジタル水温計を付ける

TZR250R 3XVのリアサスを付ける

レース前の整備する

フロントフォークをOHする

ミニバイクレースの準備

ミニバイクレースの準備2009

リードバルブ交換等をする

前後タイヤを交換する

DJ-1R

YouTube

Memories

TZR50R

VF1000R

1/12

88NSR

YZF-R25

>> HOME

>>TOP