item6

>> HOME

DJ-1R

YouTube

Memories

TZR50R

VF1000R

1/12

88NSR

YZF-R25

>>TOP

車体整備諸元

締付トルク

エンジン整備諸元

計測器類を付ける

Password take4

サーキット仕様にする その2

軽自動車に積載する

サーキット仕様にする その1

X-Twelveを塗装する

慣らし運転をする

練習走行(西浦)

サーキット仕様にする その3

練習走行(鈴鹿) その1

サーキット仕様にする その4

練習走行(鈴鹿) その2

鈴鹿サンデーロードレース

鈴鹿サンデーロードレース第6戦 16.11/4・5

鈴鹿サンデーロードレース第6戦、JP250クラスにスポット参戦。全日本ロードレース選手権と併催なので、11/5(土)が予選・決勝。そして前日の11/4(金)が特スポと受付・車検となった。木曜の2回の特スポはパスして、金曜に鈴鹿入り。1回の特スポに勝負をかけるが、タイムは2'54ほどで、まったくダメダメ。監督に喝を入れられる。翌日の車検、予選と無事に進みたい気持ちがブレーキとなってしまった。しかし、ここでタイムアップしておかないと、得るものは何も無かった、ということがあとで身にしみた。

11/4車検の音量検査で不合格。7,500rpmで105dBがリミットのところ114dBというとんでもない数値が出てしまった。万が一のため持っていったバッフルを装着して再検査。これでも110dB。焦る。苦肉の策としてボックスレンチのソケットを突っ込んで糞づまりにして再々検査。音量は104dB、しかし後端が鋭利ということで、またまたパドックに戻ってサンダーでバッフル後端を削り落し、なんとか4回目でパス。とんでもないマフラーになってしまったが、失格よりはいい。
ダンロップからフロントタイヤのサポートを受けて、前後新品タイヤに交換。夜、鈴鹿のフリーWiFiを使って2時間ほど仕事をして、車中泊、明日に備える。

11/5、予選。監督をはじめ5人が手伝いに来てくれた。20分ほどのタイムアタックなので、最初から気合い全開で。AM8:35、気温9.7℃と低めだったが、タイヤウォーマーをしっかりかけてグリップに不安は無し。1周目のスプーンでコースアウト。しかし、あとが無いのでビビる暇も無し。糞づまりのマフラーは回転の上がりが遅い。ただ、ありがたいことにレッドゾーンまでちゃんと回るし、低速トルクは増えている。

詰まったマフラーでさえ、性能を使い切れていなかった。タイヤもまだ限界とはほど遠い状態。予選落ちは仕方ないとして、自分のベストタイムにも届かない結果が悔しいし、手伝ってくれた仲間に申し訳な・・・反省することばかりだった。エントリー68台。うち決勝進出は44台。NAのトップタイムは2'35.757。予選通過タイムは2'39.998だった。

タイムが上がらない。後ろ乗りでうまく行くと思っていたが、結局、これではバイクを思いっきり扱えないことに気づいて、途中でフツーに戻す。しかし時すでに遅し。ヘルメットの中で「あ"〜!」と叫びながら走る。どうあがいても奇跡は起きない。ここに至るまでになぜもっと必死になっておかなかったのか、と自分に怒りながら、なすすべもなくチェッカー。結果は、自分のベストよりずっと遅い2'52.506

カウルを塗装する