練習走行(鈴鹿) その3

18/04/04 2'51.38
09:45からと11:15からの2枠走行。気温20.2℃/気温21.7℃。2018年初走行。フットグリップを効かせて走るように心がけるとリーンが楽になって恐怖心が減った。しかし、まだリーンのタイミングがつかめずにスロットルを緩めたままだらだらと進んでしまう時間が多かった気がする。勢いを殺さずにリーンに持ち込むテクニックというか、意識改革が必要のようだ。

18/04/14 2'50.20
09:05からと10:35からの2枠走行。気温14.3℃/気温15.5℃。季節が戻ったかのような低温、しかも雨がパラつく状況の中で先回より1秒短縮できたのは収穫。結局、高いギアで高回転を保って走れば速いというのがよく分かった。そのためにはフットグリップと膝を開かないことが有効だと思う。これで上体がしっかりとイン側に入って荷重できるので、スピードに乗った走りでも確実に曲げられるからだ。

18/04/27 2'50.31
09:45からと11:15からの2枠走行。気温18.4℃/気温19.6℃。1枠目に、Aの位置で早めにリーンさせればスロットル全開でA'を加速していけるかも、と試してみた。結果は、フルリーンで全開し曲げていくのはリアタイヤが保たなく無理だった。やはり「バイクを素早く立てて全開」にするのが正解か。2枠目に、コーナー裏側のBに向かって飛び込むようにしてみたら一気に3秒ほどタイムが向上。これなら寝かせている時間が短くて済む。ただ、Bでしっかりと向き変えをする技術がまだないので、次のコーナーがきつくなるのが課題だ。

18/05/04 (西コース) 1'46.80
10:05からと11:25からの2枠走行。気温19.6℃/気温20.9℃。2回目の西コースのスポーツ走行。コーナー裏を狙っていく走法だとスピードが出なくて悩む。ただ、リーンには余裕があるし、安全な感じだ。その分、思いっきり突っ込むと少しはマシになったが、さらにどうがんばればいいか分からない状態だ。KYBのリアサスで曲がるのは楽になった。思ったより早いタイミングで曲がり出す。そしてホッピングもよく吸収してくれる。

18/07/08 (西コース) 1'46.83
10:25からと11:50からの2枠走行。気温27.6℃/気温28.1℃。エンジンをO/Hしたので、2枠走行の前に慣らし走行を1枠。スプーンが遅いのでなんとかしなければ・・・。1個目は早くからスロットルを緩めてしまう。ここを勢いよく飛び込んで高回転のまま2個目まで加速したい。2個目は一気に曲げられない。そのため、加速しながら曲げようとしてFタイヤを滑らせてしまう。2個目はぎりぎり奥まで突っ込んで曲げた方が後が直線的ラインになっていいのかも・・・。迷走中。

18/08/13 未計測
10:00からの走行。気温30.1℃。上体を低く伏せ、その上体をインに入れることで曲がろうとした。S字や逆バンク等、どれも膝も擦るほど深くリーンして向きがよく変わって良かったが、2周目、ヘアピンで3速でブレーキングして"それ"をしたら、フロントが切れ込んであっけなくに転倒してしまった。やはり腿でタンクを押すようにして、あまりリーンさせない方が良かった。

18/09/24 2'51.31
09:00からと10:30からの2枠走行。気温24.5℃/気温26.6℃。あっけない転倒からのトラウマを消すために、外腿でタンクを押すこと(矢印)に専念して走る。タイムはイマイチだったが、この走り方ならコケる気がしないのでもっと攻められる自信が出てきたのが収穫だった。あとはイン膝を下げないようにしてどんな時でも確実にイン側荷重が出来るようにしておきたい。

18/10/13 2'50.31
09:00からと10:30からの2枠走行。気温17.4℃/気温18.3℃。ギア比を思い切ってロングに変え試走。各コーナーが楽になって無理しなくてもタイムが上がったので、これは正解かもしれない。ここからタイムを削る筋道が見えてきた気がする。相変わらず写真のスプーンが苦手なのは左コーナーの荷重がうまくできずに、曲がる自信が持てないせいだ。

SINCE 2004.05 (C)take4-web All Rights Reserved.

ページトップに戻る