西浦GP

西浦GP 2021 第1戦 5/23

Nishiura GP 2021 第1戦に参戦。梅雨の時期に晴れてくれたのがラッキーだった。まずは30分間の練習走行。外肘をガソリンタンクに当てて人車一体のリーンを心がけるが、タイム的には1’05.206とダメダメだった。フロントフォークの伸び縮みをギクシャクさせてしまうような進入時のタイミングの悪さ。そしてアウトから回り込むラインがタイムロスの大きな要因だったと思う。写真をみると、コーナー進入の速度が遅いのでリーンにかなり余裕があるように見える。

そして15分の予選開始。少し気合いを入れてみるが、タイムは1’05.105とふるわず、がっかり。ヘアピンコーナーに直線的に突っ込んで、ストップアンドゴー的な曲がり方をするので勢いや回転数が落ちてしまう。もっと勢いよく進入しようとすると止まりきれず、大回りしてタイムロスしてしまうことも・・・。そこで昼休憩の際のコースウォーク中にあれこれ作戦を考える。

第一に、やはり直線的に突っ込んで距離的な優位を得る。第二に、ヘアピンでは定常円旋回を意識して、ぐっと我慢してインに曲がり込む。そして第三に、ブレーキを早めにかけてもかまわないので、コーナーをスムーズな繋がりで曲がって勢いを保つよう心がける。以上を胸に10周の決勝に臨む。18台中17番グリッド。ジャンプスタートに注意しすぎて出遅れてしまうが、1コーナーには15番手ぐらいで入れた。

昼に考えた作戦がうまくいきラップタイムが向上。ベストは1’03.836。こうなると先行車に追いつくし、抜くこともできた。結局、18台中、15位でフィニッシュとなったが、あとでチェックしてみると先行する2台よりもベストタイムが良かった。予選でこのタイムが出ていれば、もう少し面白いレースになっていたかもしれないが仕方ない。自分としては決勝でいきなりタイムアップできたのが、可能性を感じられて良かった。

SINCE 2004.05 (C)take4-web All Rights Reserved.

ページトップに戻る