西浦GP

西浦GP 2021 第1戦 5/23

Nishiura GP 2021 第1戦に参戦。梅雨の時期に晴れてくれたのがラッキーだった。まずは30分間の練習走行。外肘をガソリンタンクに当てて人車一体のリーンを心がけるが、タイム的には1’05.206とダメダメだった。フロントフォークの伸び縮みをギクシャクさせてしまうような進入時のタイミングの悪さ。そしてアウトから回り込むラインがタイムロスの大きな要因だったと思う。写真をみると、コーナー進入の速度が遅いのでリーンにかなり余裕があるように見える。

そして15分の予選開始。少し気合いを入れてみるが、タイムは1’05.105とふるわず、がっかり。ヘアピンコーナーに直線的に突っ込んで、ストップアンドゴー的な曲がり方をするので勢いや回転数が落ちてしまう。もっと勢いよく進入しようとすると止まりきれず、大回りしてタイムロスしてしまうことも・・・。そこで昼休憩の際のコースウォーク中にあれこれ作戦を考える。

第一に、やはり直線的に突っ込んで距離的な優位を得る。第二に、ヘアピンでは定常円旋回を意識して、ぐっと我慢してインに曲がり込む。そして第三に、ブレーキを早めにかけてもかまわないので、コーナーをスムーズな繋がりで曲がって勢いを保つよう心がける。以上を胸に10周の決勝に臨む。18台中17番グリッド。ジャンプスタートに注意しすぎて出遅れてしまうが、1コーナーには15番手ぐらいで入れた。

昼に考えた作戦がうまくいきラップタイムが向上。ベストは1’03.836。こうなると先行車に追いつくし、抜くこともできた。結局、18台中、15位でフィニッシュとなったが、あとでチェックしてみると先行する2台よりもベストタイムが良かった。予選でこのタイムが出ていれば、もう少し面白いレースになっていたかもしれないが仕方ない。自分としては決勝でいきなりタイムアップできたのが、可能性を感じられて良かった。

西浦GP 2021 第2戦 7/11

Nishiura GP 2021 第2戦に参戦。梅雨末期の大雨が続いているなか、この日だけは運良く晴れ。レインタイヤや雨用のレーシングスーツを用意して行ったが、使わずに済んだ。タイヤのはめ替えが間に合うか自信がなかったので本当に助かったし、ドライコンディションの方がやっぱり自分には練習になるので良かった。気温は33℃。水温91℃。エンジンはすぐに温まるし、タイヤも熱すぎて逆にグリップしないぐらい。

練習走行では上体を低く内側に落とそうと努力したが、速さに繋がる事はなかった。1'05"118。暑さと無駄な力みでタイムアップも望めず、練習走行は早々に打ち切った。予選では少し気合いを入れてみたが、1'04"281止まり。19台中17番手だった。今回、距離的優位を狙って直線的に進入して、そこから定常円旋回で向きを変えるようにしてみたが、それでは勢いが大きく落ちてしまうし、リーンもさせにくくなってしまった。

練習走行時のビデオをチェックしてみると、他のライダーが深くリーンしながら進入していくのに対して、自分はバイクを立てたまま進入して、ガクッとリーン、そして立ち上がるという感じだった。そこで決勝ではブレーキング時からリーンを深めて行くようにしてみた。するとタイムが1'03"862まで向上。直線的進入ラインはそのままでいいが、そこではすでに旋回姿勢になっていないとダメだということだ。

決勝スタートはまずまず。身体全体を使ってリーンしながら進入できたので、レース序盤に3秒台が出て2台ほどパスできた。ただ、後半は腕で曲がるクセに戻ってしまって、バイクを曲げられなくなりブロックもできずに1台に抜かれてしまった。結果は19台中、15位でゴール。今回、特に1コーナーの乗り方が分からずタイムロスが大きかったし、まだまだ改善の余地と伸び代がありそうだと感じた。

SINCE 2004.05 (C)take4-web All Rights Reserved.

ページトップに戻る