88NSRレストア

エンジン系

キャブレータをオーバーホールする

キャブレータを取り外す

エンジンを積む

腰上をオーバーホールする その2

腰上をオーバーホールする その1

Rクランクケースカバー交換その2

Rクランクケースカバー交換その1

RCバルブをきれいにする

クランクセンターシールをチェック

シリンダ、ピストンを外す

エンジンを下ろす

ラジエータをきれいにする

エアクリーナエレメントを洗う

足回り系

フロントフォークをオーバーホール

ブレーキフルードを交換する

ブレーキキャリパをオーバーホール

ブレーキディスクを交換する

ホイルベアリングを交換する

88ロスのレストア記録

Rサスペンション回りをきれいに

ステアリングステムをオーバーホール

フロントフォークを移植する

フロントブレーキパッドをチェック

外装系

グリップを交換する

キースイッチ等をきれいにする

カウルステー等をきれいにする

トップブリッジを鏡面仕上げにする

クラッチワイヤをきれいにする

ワイヤ類を外す

キックペダルのサビを落とす

ミラーを修復する

カウルをプラリペアで修理する

カウルをきれいにする

その他

パワーチェックをする

バイクを登録する

リミッターを解除する

バッテリーを交換する

ステアリングダンパーを付ける

アーシングする

エンジンを始動させる

チェーンを交換する

チャンバーをきれいにする

エンジンをきれいにする

ステップをきれいにする

RCバルブサーボモーターの前にあるプラスチックケースを開けて、中のカプラを全部外す。ケースもモーターのステーにボルトで止まっているので、最後にそこを外してケースも取り外しておく。

サブフレーム横のカプラやギボシを全て外す。プラスチックのカプラは必ずどこかツメでロックされているので、そこを押しながら引き抜く。正しく扱えば、そんなに力を入れなくてどんどん外していけるのだ。

スパークプラグからプラグキャップを引き抜き、イグニッションコイルもフレームから取り外す。無理な力をかけて接触不良を引き起こさないよう、ていねいに。

取り外したPGM CDIユニット、コントロールユニット、サブコントロールユニット、レギュレータ、メインスイッチ。ほこりで汚れているだけなのでパーツクリーナーで軽く汚れを取るだけにしておく。

クラッチケーブルは、まずクランクケース下のアジャスタを緩めてケーブルを外し、次にこのクラッチレバー根元のアジャスタとロックナットの切り欠きを合わせてワイヤを外す。ワイヤ先端のドラムは、ワイヤの取り回しを90度回転させれば切り欠きから外れる。

Lハンドルスイッチ部は2本のボルトを下から+ドライバーで外せばOK。メインフレームについているクランプからもケーブルを外しておく。

トップブリッジに取り付けられているメインスイッチユニットは、いたずら防止のトルクスボルトが使われている。かなり固いので、汎用のT40のトルクスレンチを使って外しておく。

ブレーキレバー根元に付いている2つのストップランプのケーブルも引き抜いておく。キルスイッチもハンドルから取り外し、ブレーキレバーはマスターシリンダーごと取り外しておく。エアを噛まないようになるべくリザーバカップのフルード液面は水平に保っておく。先にブレーキレバーを外しておけばいいかも。

ワイヤ類を取り外すと、こんなにさっぱりした感じに。オイルタンク、ラジエータも外してホース類も一切なし。

ワイヤ類はトラブルを起こしていなければ特に外す必要はないけれど、今回は各部の清掃のために一旦全部取り外してみる。前後のブレーキキャリパー、チェーンなども外す。

【ワイヤ類を外す】

HONDA NSR250R will be what a pleasant motorbike!

>> HOME