88NSRレストア

エンジン系

キャブレータをオーバーホールする

キャブレータを取り外す

エンジンを積む

腰上をオーバーホールする その2

腰上をオーバーホールする その1

Rクランクケースカバー交換その2

Rクランクケースカバー交換その1

RCバルブをきれいにする

クランクセンターシールをチェック

シリンダ、ピストンを外す

エンジンを下ろす

ラジエータをきれいにする

エアクリーナエレメントを洗う

足回り系

フロントフォークをオーバーホール

ブレーキフルードを交換する

ブレーキキャリパをオーバーホール

ブレーキディスクを交換する

ホイルベアリングを交換する

88ロスのレストア記録

Rサスペンション回りをきれいに

ステアリングステムをオーバーホール

フロントフォークを移植する

フロントブレーキパッドをチェック

外装系

グリップを交換する

キースイッチ等をきれいにする

カウルステー等をきれいにする

トップブリッジを鏡面仕上げにする

クラッチワイヤをきれいにする

ワイヤ類を外す

キックペダルのサビを落とす

ミラーを修復する

カウルをプラリペアで修理する

カウルをきれいにする

その他

パワーチェックをする

バイクを登録する

リミッターを解除する

バッテリーを交換する

ステアリングダンパーを付ける

アーシングする

エンジンを始動させる

チェーンを交換する

チャンバーをきれいにする

エンジンをきれいにする

ステップをきれいにする

リザーバのプラスネジを緩めてフタを外す。ブレーキフルードは塗装を侵すので、ウエスでしっかりガードしておく。念のためガソリンタンクもタオルでガード。

今回はブレーキキャリパをオーバーホールしたので、まずキャリパをホースに取り付ける。ホースをねじらないように注意。自然に垂らした時、外側を向くのはどの部分か印を付けておくといいようだ。フルードをこぼさないように、ホースエンドをすばやくジョイントナットに突っ込み、手で仮締め。

キャリパをフォークに取り付けて(トルク2.4〜3.0kg-m)、ジョイントナットを14mmのスパナでしっかりと締め付け。締め付けトルクは1.2〜1.5kg-m。

リザーバに残っている古いフルードをスポイトなどで吸い取ってきれいにしたあと、新しいフルードを気泡が出来ないように静かに一杯まで注ぐ。グレードはDOT4で十分だと思う。DOT5だと沸点がさらに高いが、吸湿性も強く劣化が速いのでメンテが大変だという話。リアはDOT3でも十分OK。

キャリパ側から古いフルードを一気に吸い出してしまう。ブリーダバルブを10mmのメガネレンチで1/3回転ぐらい開いて注射器で吸い出し。注射器はバイク用品店やホームセンターで売っているのだ。リザーバのフルードが無くならないように注意。無くなればエアを吸い込んでしまって元も子もない。

ブレーキレバーを何回か握ってキャリパにフルードを送り込んでピストンを押し出す。そしてエア抜き。ブリーダバルブにチューブを付けて、先はボトルの中へ。ブレーキレバーを数回握って圧力をかけ、ブレーキレバーは緩めずにブリーダバルブを1/3ほど緩める。するとフルードと一緒にエアがチューブの中に出てくるのだ。ブリーダバルブを締める前にブレーキレバーを緩めると逆流してしまう。

チューブの途中にこんなチェックバルブを付けておくと安心だ。ホームセンターで売っている観賞魚用の水槽に使うエアバルブ。耐久性はないが298円と安いので使い捨て感覚で使える。チェックバルブを付けておけば、いちいちブリーダバルブを閉じなくてもいいはずだが、やはり少し戻ったりするので、補助的に使う感じ。ブレーキフルードの色が薄くなったら、新しいフルードが古いフルードと入れ替わったということ。

チューブから出てくるフルードに気泡が混じらなくなったらエア抜き完了。もちろん、左右のキャリパとも行う。そしてリザーバにダイヤフラムと内フタを入れて、フタを閉じれば完了。

ちゃんとオーバーホールしてあるなら、ホイールがくるくる回るはず。フロントホイールを浮かしてチェックをしてみる。ブレーキレバーもカチッとしたフィーリングになっているはず。

リアキャリパもオーバーホールしたので、まずは取り付け。ブレーキホースのバンジョー部を新品のシールワッシャー2枚で挟んで、ホースボルトを締め付け。トルクは2.5〜3.5kg-m。こちらもホースにねじれがないように気をつける。ちなみにキャリパボルトの締め付けトルクは2.0〜2.5kg-m。

ブレーキパッドもセットして、ブレーキペダルを踏み込み新しいフルードを挿入。そしてエア抜きだ。リアのブリーダバルブは8mmのメガネレンチで緩める。ここでもチェックバルブが大活躍。ブリーダバルブの締め付けトルクは0.4〜0.7kg-m。

エア抜きが終わったら、リザーバのアッパレベルまでフルードを満たして、フタをして完了。フタのビスは0.2〜0.3kg-mのトルクで軽く締め付ければOK。さすが新しいフルードは色が薄い。劣化すると赤茶色になる。

こちらはフロントのリザーバ。きれいな色だ。リザーバの色で、そのバイクのメンテナンス具合がだいたい分る。

ブレーキレバーをタイラップで引っぱり、圧力をかけたままで一晩置く。フルード内の細かな気泡などをこれで抜くのだ。翌日、もう一度エア抜きをやるのも効果的かも知れない。

【ブレーキフルードを交換する】

HONDA NSR250R will be what a pleasant motorbike!

>> HOME