88NSRレストア

エンジン系

キャブレータをオーバーホールする

キャブレータを取り外す

エンジンを積む

腰上をオーバーホールする その2

腰上をオーバーホールする その1

Rクランクケースカバー交換その2

Rクランクケースカバー交換その1

RCバルブをきれいにする

クランクセンターシールをチェック

シリンダ、ピストンを外す

エンジンを下ろす

ラジエータをきれいにする

エアクリーナエレメントを洗う

足回り系

フロントフォークをオーバーホール

ブレーキフルードを交換する

ブレーキキャリパをオーバーホール

ブレーキディスクを交換する

ホイルベアリングを交換する

88ロスのレストア記録

Rサスペンション回りをきれいに

ステアリングステムをオーバーホール

フロントフォークを移植する

フロントブレーキパッドをチェック

外装系

グリップを交換する

キースイッチ等をきれいにする

カウルステー等をきれいにする

トップブリッジを鏡面仕上げにする

クラッチワイヤをきれいにする

ワイヤ類を外す

キックペダルのサビを落とす

ミラーを修復する

カウルをプラリペアで修理する

カウルをきれいにする

その他

パワーチェックをする

バイクを登録する

リミッターを解除する

バッテリーを交換する

ステアリングダンパーを付ける

アーシングする

エンジンを始動させる

チェーンを交換する

チャンバーをきれいにする

エンジンをきれいにする

ステップをきれいにする

まずキャブレータ上のエアクリーナケースを外す。フレームとの固定ボルトをひとつ外し、あとはキャブレータとのコネクティングチューブのバンドを+ドライバで緩めれば引き抜けるのだが、コネクティングチューブのフランジ面がキャブレータに固着していてなかなか外れない。

これはコネクティングチューブをドライヤーなどで出来るだけ暖めて柔らかくして引き抜くしかない。暖める前にキャブレータ内のガソリンは抜いておく。また、作業しやすいようにエアクリーナケースのフタやエアクリーナエレメントも外す。

勢いあまってコネクティングチューブがひとつエアクリーナケースから取れてしまった。これはあとではめられる。

今度はキャブレータとインシュレータとの接続部分のバンドを緩める。ロングドライバがあるといい。キャブレータはこれだけで止まっているのだ。

やはり程度の悪いバイクだとゴムが硬化&固着しているのでドライヤーで暖めて引き抜く。インシュレータが傷ついたり変形したりすると二次エアを吸ったりするので特に慎重に。

キャブレータを外す前に、アクセルワイヤーの引き側&戻し側の2本と、チョークワイヤー、オイルポンプ用のワイヤー、エアソレノイド用のパイプなどを外しておく。キャブレータの一番下から伸びているドレンホースは、車体のクランプから抜いておかないとキャブレータに引っ張られてちぎれるので注意。

取外し完了。室内に持ち込んでオーバーホールする前に簡単にオイル汚れをパーツクリーナーで落としておく。

【キャブレータを取り外す】

HONDA NSR250R will be what a pleasant motorbike!

>> HOME