88NSRレストア

エンジン系

キャブレータをオーバーホールする

キャブレータを取り外す

エンジンを積む

腰上をオーバーホールする その2

腰上をオーバーホールする その1

Rクランクケースカバー交換その2

Rクランクケースカバー交換その1

RCバルブをきれいにする

クランクセンターシールをチェック

シリンダ、ピストンを外す

エンジンを下ろす

ラジエータをきれいにする

エアクリーナエレメントを洗う

足回り系

フロントフォークをオーバーホール

ブレーキフルードを交換する

ブレーキキャリパをオーバーホール

ブレーキディスクを交換する

ホイルベアリングを交換する

88ロスのレストア記録

Rサスペンション回りをきれいに

ステアリングステムをオーバーホール

フロントフォークを移植する

フロントブレーキパッドをチェック

外装系

グリップを交換する

キースイッチ等をきれいにする

カウルステー等をきれいにする

トップブリッジを鏡面仕上げにする

クラッチワイヤをきれいにする

ワイヤ類を外す

キックペダルのサビを落とす

ミラーを修復する

カウルをプラリペアで修理する

カウルをきれいにする

その他

パワーチェックをする

バイクを登録する

リミッターを解除する

バッテリーを交換する

ステアリングダンパーを付ける

アーシングする

エンジンを始動させる

チェーンを交換する

チャンバーをきれいにする

エンジンをきれいにする

ステップをきれいにする

RCバルブのシャフトを抜く。これはまずケーブルガイドベースを長めのボルトとナットを使ってシリンダから浮かせておき、次に中央のシャフトのナットを締め込んでいく。ナットはケーブルガイドベースに当っているので、シャフトの方が抜けてくるのだ。少し抜けたら、ケーブルガイドベースをさらにシリンダから離して、またシャフトのナットを締め込んでいく。シャフトのナットは逆ネジなので、締める方向は左回転で。

RCバルブシャフトがダストシールとスペシャルEリングと一緒に抜ける。スペシャルEリングはどうしても変形してしまうので、新品に変えた方がいいようだ。金槌などで叩いてまた平面にすれば再利用も可能かも。ダストシールは新品に。

シャフトが抜ければ、あとはブラブラになったRCバルブが排気ポートから取り出せる。

RCバルブもシャフトもカーボンでひどい。リアシリンダのRCバルブは全開状態でシリンダに固着していて動かすことが出来なかった。

本当は中央に掃気用の穴が開いているのだが、それもカーボンで詰まってしまっていた。

塗装用の剥離剤を使ってカーボンを落とそうとしてみたが、あまり効果がなかった。

そこでトイレ洗浄用のサンポールにRCバルブを浸け込んでみた。本来カーボンに酸は効果無いと思うのだが、今回はなぜかきれいになった。

ゴシゴシ擦らないでもこの通りすっきり。

サンポールは本当に楽だった。シリンダの汚れ落としにも使いたいところだが、NSメッキに使うのは少々不安。しかし、あとでレーシングメカニックに聞いたら、NSメッキはものすごく丈夫なので酸では溶けないとか。それどころか、NSメッキの表面についたピストンのアルミカスなどを酸で溶かして取ることもあるそうだ。

調子に乗ってRCバルブシャフトとピストンピンクリップもサンポール浸け。あまり意味はなかった。サンポールはやはりサビ落とし用として考えた方が良いだろう。

リアシリンダのRCバルブが固着していたので、コントロールワイヤ2本が切れてしまっていた。RCバルブが動かないのに無理にサーボで引っ張ったせいだと思う。これはスペアで持っていたワイヤに交換。サーボモータの方がイカれているよりはまだマシだ。

【RCバルブをきれいにする】

HONDA NSR250R will be what a pleasant motorbike!

>> HOME