88NSRレストア

エンジン系

キャブレータをオーバーホールする

キャブレータを取り外す

エンジンを積む

腰上をオーバーホールする その2

腰上をオーバーホールする その1

Rクランクケースカバー交換その2

Rクランクケースカバー交換その1

RCバルブをきれいにする

クランクセンターシールをチェック

シリンダ、ピストンを外す

エンジンを下ろす

ラジエータをきれいにする

エアクリーナエレメントを洗う

足回り系

フロントフォークをオーバーホール

ブレーキフルードを交換する

ブレーキキャリパをオーバーホール

ブレーキディスクを交換する

ホイルベアリングを交換する

88ロスのレストア記録

Rサスペンション回りをきれいに

ステアリングステムをオーバーホール

フロントフォークを移植する

フロントブレーキパッドをチェック

外装系

グリップを交換する

キースイッチ等をきれいにする

カウルステー等をきれいにする

トップブリッジを鏡面仕上げにする

クラッチワイヤをきれいにする

ワイヤ類を外す

キックペダルのサビを落とす

ミラーを修復する

カウルをプラリペアで修理する

カウルをきれいにする

その他

パワーチェックをする

バイクを登録する

リミッターを解除する

バッテリーを交換する

ステアリングダンパーを付ける

アーシングする

エンジンを始動させる

チェーンを交換する

チャンバーをきれいにする

エンジンをきれいにする

ステップをきれいにする

フロントシリンダにクーラントのドレンボルトがあるので、これを8mmのボックスレンチで外す。長いエクステンションバーを使うと楽。下には100円ショップのプラスチックパンを敷いておく。

ドレンボルトを抜くと勢い良くクーラントが飛び出てくる。車体左のクーラントリザーバタンク内のクーラントは下部のサイホンホースを抜いて、そこから流し出す。

クーラントの交換ならこれだけでいいが、エンジンを下ろす時はウォーターポンプ前のホースを外して一気にラジエータ内のクーラントを抜く。ホースが硬化しているとなかなか外れないので、ドライヤーで暖めたりしてやさしく取り外す。もうラジエータ関係のホースはメーカー欠品だらけなので大切に使う。

ラジエータの下部はシリンダヘッドに固定されたステーの穴に差し込まれているだけなので、このステーを取ればラジエータの下側はフリーになる。ボルトを2本、10mmのボックスレンチで外す。

ラジエータ左上のボルトを8mmのレンチで外す。反対側の右上部分は単に差し込まれているだけなので、コチラ側を外してずらせばラジエータの固定は全て取り外せるのだ。

接続されているホースは全部外しておく。ホースバンドは簡単に緩むが、ホースが硬化しているとホースがなかなか抜けない。ここもドライヤーで暖めたりして慎重に外す。

外れたラジエータ本体。飛び石等でややフィンがつぶれ、泥等で中央部分が目詰まりしている。すこしきれいにしておきたい所。

灯油で全体を洗浄したあと、精密ドライバーでフィンを一枚一枚起こして、そして電子機器用のピンセットで形を整えていく。表も裏もあるので途方もない手数がかかるけれど、やるしかない。まずは小石が無数に挟まっているので、それをドライバーで掻き出すところから始める。これは根気の要る作業だ。

電子機器用のピンセットは、部品をはさむ面にギザギザが付いていなくてちょうどいい。これをフィンの奥まで突っ込んではさむときれいにフィンは修正される。ただし、フィンはアルミ箔のように薄いので乱暴に扱うとすぐに千切れてしまうので注意。

ラジエータグリルがサビていたので、シャーシーブラックで塗装しておく。サビをサンドペーパー等で落としてから、油分もしっかり落とす。網なのでムラにならないので気楽に塗れる。2、3回に分けて裏表を吹いておく。

ラジエータグリルを取付けてこれで完成。フィンもシャーシーブラックで塗れば見た目がもっときれいになるが、冷却効率が落ちるかも知れないのでそのままにしておいた。

【ラジエータをきれいにする】

HONDA NSR250R will be what a pleasant motorbike!

>> HOME