88NSRレストア

エンジン系

キャブレータをオーバーホールする

キャブレータを取り外す

エンジンを積む

腰上をオーバーホールする その2

腰上をオーバーホールする その1

Rクランクケースカバー交換その2

Rクランクケースカバー交換その1

RCバルブをきれいにする

クランクセンターシールをチェック

シリンダ、ピストンを外す

エンジンを下ろす

ラジエータをきれいにする

エアクリーナエレメントを洗う

足回り系

フロントフォークをオーバーホール

ブレーキフルードを交換する

ブレーキキャリパをオーバーホール

ブレーキディスクを交換する

ホイルベアリングを交換する

88ロスのレストア記録

Rサスペンション回りをきれいに

ステアリングステムをオーバーホール

フロントフォークを移植する

フロントブレーキパッドをチェック

外装系

グリップを交換する

キースイッチ等をきれいにする

カウルステー等をきれいにする

トップブリッジを鏡面仕上げにする

クラッチワイヤをきれいにする

ワイヤ類を外す

キックペダルのサビを落とす

ミラーを修復する

カウルをプラリペアで修理する

カウルをきれいにする

その他

パワーチェックをする

バイクを登録する

リミッターを解除する

バッテリーを交換する

ステアリングダンパーを付ける

アーシングする

エンジンを始動させる

チェーンを交換する

チャンバーをきれいにする

エンジンをきれいにする

ステップをきれいにする

イグニッションキースイッチの塗装が剥げて格好が悪いので、きれいに塗っておくことにする。また、文字の色も完全に抜けてしまっているので、これも修正。

プラスチック部分をマスキングテープやガムテープで覆って養生し、錆び止めの入ったシャーシーブラック塗料でスプレー。まずは湯煎でスプレー缶を暖めて吹き出す塗料の粒子を細かくしておく。最初は出来るだけ少なめに吹いてから、2、3回に分けて重ね塗り。速乾性の塗料なのですぐに乾くのだ。一番大切なのは油分を完全に取っておくことで、そうしないと塗料がはじかれてしまう。パーツクリーナーなどで脱脂。

文字のへこみの中にクレヨン(クレパスでもOK)の白を擦り込む。クレヨンは顔料が油で練ってあるので、けっこう耐候性があるようだ。しっかり塗り込んだらキッチンペーパーなどで表面の余分なクレヨンを拭き取って完成。パーツクリーナー等できれいに落とせるので、失敗したら何度でもやり直せるのがいい。

100円ショップで買ったクレヨンひとつでこんなにきれいに文字が仕上がった。「ON」の文字は赤のクレヨンを使うともっといい。シャーシーブラック塗装もいい感じ。

ついでにキルスイッチの文字もきれいにしておく。

同じくクレヨンを塗り込む。ここの文字は比較的太いし、指が触るところだけに、もしかしたらクレヨンじゃあ保たないかも。

こんな感じにバッチリ、メークアップ完了。

調子に乗って、ガソリンコックの文字も白クレヨンでくっきりと。

【キースイッチ等をきれいにする】

HONDA NSR250R will be what a pleasant motorbike!

>> HOME