90NSRメンテナンス

90NSRのメンテナンス記録

エンジン系

カウンターシャフトオイルシール交換

チェーンをリベット式にする

ミッションオイルを交換する

キャブレータをオーバーホールする

ラジエータを取り付ける

操作系

チェンジペダル回りを修正する

クラッチ滑りを直す

リアブレーキキャリパをOHする

リアブレーキマスターシリンダをOH

フロントブレーキキャリパをOHする

Fブレーキフルードカップステー製作

外装系

カウルの傷を修復する

ステッカーを製作する

カウルを塗装する(その2)

カウルを塗装する(その1)

フューエルタンクを交換する

フューエルタンクのへこみを修正

スクリーンを交換する

Fフェンダーをカットする

FRPカウルを補修する

足回り系

ステアリングダンパーをOHする

タイヤを交換する

フロントフォークをOHする

サスペンションをグリスアップする

その他

その他のメンテナンス記録

ハイゼットカーゴに積み込む

チェーンガードを取付ける

エンジンを始動させる

キャッチタンクを付ける

レース仕様ということでリアのブレーキフルードのリザーバカップは取り外され、リザーバホースだけになっていた。このカップレス仕様はけっこうシビアで、ホース内が陰圧にならないようにマメにフルードを補給しなければいけないし、あまりやらない方がいいかも。メリットは軽量化か。アルミのブラインドプラグが腐食していてボロボロ。ホース内は空。変質してジェル状になったフルードのカスらしきものがこびりついている状態。これは要メンテナンスだ。

リザーバホースジョイントにジェルが詰まっている。フルードがどうしてこんな風になってしまうのか? たぶん密閉が悪くて外気とのやりとりがあったのだと思う。リザーバホースジョイントを掃除してOKならラッキーだが・・・。

タイラップを切ってリザーバホース内のゴミを出す。液体のフルードはほんの少し。なんだか悪い予感。アルミのブラインドプラグは転倒で削れたのか、真円ではなくてこれでは完全に封が出来ていなかった感じだ。

金属かポリ製品のプラグをいろいろ探す。0.7〜10mm径程度の円柱ならなんでも良かったのだが、これがなかなか見つからず何日も探しまわってしまった。結局、無印良品の蛍光ペン(105円)の軸が肉厚で太さもぴったりなのを発見。先端を切って使った。この素材ならフルードにも侵されないと思う。

マスタシリンダボルトはスイングアームに当って取り外せないので、まずはRステップステイボルトを先に外す。ヘキサゴンソケットで。ちなみに締め付けトルクは2.4〜3.0kg-m。

そしてマスタシリンダボルトを六角レンチで回しRステップステイから取り外す。六角レンチは最初のひと動きが肝心。しっかりボルトを固定していないとレンチがぐにゅっとしなるだけでいくらトルクをかけてもボルトは緩まない。こうしたフリーな状態で緩ませるにはコツがいるのだ。ちなみに締め付けトルクは1.0〜1.4kg-m。

スナップリングでリザーバホースジョイントが押さえられているのでこれをスナップリングプライヤで外す。100円ショップで先細プライヤを買ってきて先端を削って代用。

心配した通り、中にも少しジェルが・・・。擦り取ってみると腐食もあるようで、なかなかきれいにならない。これはマスタシリンダ内にもジェルが入り込んでいる可能性がある。だんだん大ごとになってきた。リアブレーキはあまり使わないのでオーバーホールまでするつもりはなかったが、こんな状態だと心配になってくる。

リザーバホースジョイント取り付け部のサビを800番の耐水サンドペーパーにCRC5-56を付けて磨く。フルードが入っていく穴にはキッチンペーパーを詰めておいたが、どうにもシリンダ内の状態が気になってきた。

そこでマスタシリンダもOHしてみることにする。ここのスナップリングを外すとけっこうサビが・・・。この色はたぶんシリコングリスが固着したものだと思う。サンドペーパーできれいに磨いておく。

マスタシリンダ内のピストンを抜くと、らせん部分にジェルがこびりついていた。心配した通り、ここまで入り込んでいた。ゴムのセカンダリカップは傷もないし、このままきれいにして再使用。

ピストンの奥のスプリングとプライマリカップを外す。シリンダの奥を覗くと液体のフルードがあって、まぁ、これ以上はめんどうなので良しとする。ブレーキキャリパのピストンを押し込んでフルードを逆流させてメッシュホース内のフルードをマスタシリンダから抜き出しておいた。これで洗浄終了。

【リアブレーキマスターシリンダをOH】

ピストンとスプリングをブレーキフルードで洗浄。ホンダ純正のDOT4を使ってみた。ちなみにリアブレーキはDOT4で十分だと思う。DOT5などの超高性能フルードは吸湿性も高く、マメに交換しないといけないらしいし・・・。

きれいにしたマスタシリンダの各パーツ。2000円くらいで交換出来るパーツだが、今回はリザーバホースジョイントのOリングだけ新品を投入することにした。

プライマリカップとセカンダリカップにフルード塗っておいてシリンダ内に押し込む。そしてワッシャーとスナップリングでセット。この辺りは雨水等が入り込みやすいのでシリコングリスを塗り込んでおいた。カップなどのゴム部分が重要なのでやはりシリコングリスの方が安心な気がする。

Oリングにフルードを塗ってからはめて、リザーバホースジョイントをセット。スナップリングで止める。きっちりリングが溝にはまっているかチェックする。

きれいにしたリザーバホースを取付けてこれで完成。と思ったら、フルード入れるとタイラップでしっかり締め付けてもフルードが少しにじむ。どうやらホースが変形、硬化しているようだ。これではせっかくOHしたのになんにもならない。さて、どうしようか。

硬化してしまったリザーブホース・・・TZやRSのものは径が少し太いので流用不可。そこでホームセンターで燃料用の耐油ホースを買ってきた。11mm、内径7mmのモノがぴったり。30cmで54円。材質としてはガソリン不可、滞油不可のようだがブレーキフルードならOK。柔らかさも厚みも十分。これでリアブレーキマスターシリンダのOH完了だ。

リアサスをOHする

腰上をOHする

HONDA NSR250R will be what a pleasant motorbike!

>> HOME