2014/02/25。ヤフオクで13Tのドライブスプロケットを1000円で手に入れたので、これに手持ちの46Tのドリブンスプロケットを組み合わせて2次減速をショート化してみることに。ところが13Tのドライブスプロケットをセットしてみると、スプロケットに空けられたネジ穴間のピッチとノーマルのフィキシングプレートの穴間のピッチが違う。88NSR用ということで落札したのに、これは困った。

ボスの違いがよく分かるカット。左のMC21用のボスだと飛び出しが多過ぎて、MC18のホイールに収まり切らない。

46TのドリブンスプロケットへMC18のフランジを取付けるのも万力に挟んで。フランジ取付けボルトの締め付けトルクは5.0〜6.0kg-m。ちなみにMC21のフランジ取付けボルトの締め付けトルクは7.0〜8.0kg-m。ネジ部・ボルト座面にオイルを塗っておく。フランジのOリングにはグリスを塗る。

88NSRのノーマルの108リンクのチェーンではリアアクスルが前に約14.1mm進む計算だが、これだとアジャスターの限界以上でチェーンの長さが足りない。そこで110リンクのチェーンに変更。これならリアアクスルは後ろに1.91mm下がるだけでほぼ現状通り。520サイズのWALZE EXゴールドチェーン(ノンシール)があったのでこれを110リンクで使用。
ノーマル : 15T×41T 108L ファイナルレシオ2.733
変更後 : 13T×46T 110L ファイナルレシオ3.538
ノーマルで100km/h時に77.2km/hとなる計算だ。
これで公道を走ってみた感想は、ちょっとした直線でも頭打ちになってしまうが、低い速度でも高回転域を使うので、その辺りの練習が出来る気がする。当分、このセットで走ってみることに・・・。

左が88NSRのノーマルのドリブンスプロケット、41T。右がアファム製の46T。90NSR用で、MC21のフランジが付いているので、これを外してMC18(88NSR)のフランジと交換する。

しかたないので、ヤスリでフィキシングプレートの穴を中心部に向かって削って、13Tのドライブスプロケットのネジ穴と合うように加工。また、フィキシングプレートの両外端も削って幅を狭めておいた。

フィキシングボルトロックプレートは無理矢理ゆがめてセット。これで無事に13Tのドライブスプロケットが装着出来た。それにしてもフィキシングプレートの外端を削ってもチェーンにギリギリの状態。ノーマルのドライブスプロケットは15Tだが、それが13Tになって径が小さくなっているので当然か。

88NSRのドリブンスプロケットからフランジを外す。ヒートガンで暖めて、万力にスプロケット挟んでおいてフランジ取付けボルトを回せば簡単に緩む。スプロケットの歯が痛まないように下には板を敷いておく。

MC18とMC21のドリブンスプロケットには互換性が無いとされているが、それはフランジ取付けボルトが通るドリブンスプロケットの穴径が異なるからだ。ちなみに、MC18は10mmのキャップボルトをドリブンスプロケットに通してフランジにネジ込むカタチ。キャップボルトの頭がそのままダンパーにはまるボスになる。一方、MC21は雌ネジのボスをドリブンスプロケットにはめ込み、10mmのボルトを裏からフランジを通して締め付けて固定するカタチだ。ただ、このアファムのドリブンスプロケットは画像で分かるように、2種類の径の穴が空けてあって、MC18とMC21の両方に使えるようだ。

88NSRメンテナンス

88NSRのリアサスをOHする

PGMステッカーを製作する

その他のメンテナンス記録その2

その他のメンテナンス記録その1

88ロスのキャブセッティングを実験

HRCインテークレクチファイア装着

88テラのパワーチェックをする

キャブレータの油面調整

88RCバルブの調整

キャブレータをOHする

腰上をOHする

メカニカルシールを交換する

チャンバーをきれいにする

センターシールをチェックする

88テラのエンジンを降ろす

88ロスのフロントフォークOH

88ロスカウルのリペア

メーターケーブル交換

88テラのRホイールベアリング交換

88テラのタイヤ交換

88テラと88ロスのメンテナンス記録

88テラの腰下をOHする

アップステッププレートを付ける

ショートレンジスプロケットにする

HONDA NSR250R will be what a pleasant motorbike!

【ショートレンジスプロケットにする】

>> HOME