item6
VF1000R

クラッチリフターロッドオイルシールを交換する

オイルパンガスケットを交換する

バッテリー延長ケーブルを付ける

リアサスペンションをOHする

減衰力調整ケーブルの固着を直す

リアサスリンケージをグリスアップ

リアブレーキキャリパーをOHする

ステアリングステムをOHする

ブレーキフルードを交換する

フロントブレーキキャリパーをOH

セルモーターをOHする

前後タイヤを交換する

オイルフィルターを交換する

逆チェンジ仕様にする

メンテナンススタンドを改良する

ハンドルバーの垂れ角を調整する

カウルとタンクをタッチアップ02

カウルとタンクをタッチアップ01

タンクのヘコミを修正する

その他のメンテナンス

サイドスタンドを掛けてギアを1速に入れ、リアタイヤの上にパンタグラフジャッキを乗せてシートレールを持ち上げておく。ジャッキのアームが両サイドのシートレールに当たってぴったりだった。シートカウルも外さないでOK。

両方のリアエキゾーストパイプを外す。クランプボルトを緩めて、マフラーごと引き抜く。

ピンチボルトを六角レンチで外す。リアブレーキのトルクロッドを外しておくとスペースが開いて作業が早かった。

1. のピンチボルトを抜いたら中のシャフトを打ち出す。2. のショックアーム〜リンクボルトと3. のショックロアマウントボルトのナットをそれぞれメガネレンチで外す。4. のショックリンク〜フレームボルトは、エキゾーストチャンバーを外さないと抜けないので、手間を惜しんで今回はそのまま。

ショックアームのニードルベアリングに付いたグリスをパーツクリーナーで徹底的に洗い流す。

シャフトやカラーの摩耗や傷をチェック。錆びを#800のサンドペーパーで磨いておいた。丸いのはスラストワッシャー。

ニードルペアリングへたっぷりとモリブデングリスを練り込む。シールのリップ部にも。

1. ピンチボルトの締め付けトルクは2.0〜3.0kg-m。スイングアームとの接面にスラストワッシャーを入れるのを忘れないように気をつける。2. ショックアーム〜リンクボルト、3. ショックロアマウントボルト、4. ショックリンク〜フレームボルトのそれぞれのナットは4.0〜5.0kg-m。リアブレーキトルクロッドの両サイドのカラーにもモリブデングリスを塗って取付け。締め付けトルクは2.4〜3.0kg-m。

跨がってストロークさせてみると、グリスアップする前と明らかに違うフィーリング。初期は柔らかく、そしてぐっと踏ん張るプロリンクサスの微妙な動きがはっきりと分かるようになった。まるでリアサスをOHしたような感覚さえあって、やはりココは要メンテ箇所だろう。

リアサスのリンケージをグリスアップ

ウィリー仕様にする

エアバルブキャップを製作する

ステンメッシュホースに換装する

同調を取る

TRACをキャンセルする

ステアリングダンパーを付ける

84シートカウルを付ける

ユーザー車検を受ける

アーシングをする

ホイールベアリングを交換する

チェーンを交換する

サブラジエーターダクトを交換する

キャニスター取外し&ホーンの移設

FブレーキマスターをOHする

○ カリフォルニア仕様スペック

○ タイヤインプレッション

○ VF1000Rの乗り方を考える

フロントフォークをOHする

DJ-1R

YouTube

Memories

TZR50R

VF1000R

1/12

88NSR

YZF-R25

>> HOME

>>TOP