item6
VF1000R

クラッチリフターロッドオイルシールを交換する

オイルパンガスケットを交換する

バッテリー延長ケーブルを付ける

リアサスペンションをOHする

減衰力調整ケーブルの固着を直す

リアサスリンケージをグリスアップ

リアブレーキキャリパーをOHする

ステアリングステムをOHする

ブレーキフルードを交換する

フロントブレーキキャリパーをOH

セルモーターをOHする

前後タイヤを交換する

オイルフィルターを交換する

逆チェンジ仕様にする

メンテナンススタンドを改良する

ハンドルバーの垂れ角を調整する

カウルとタンクをタッチアップ02

カウルとタンクをタッチアップ01

タンクのヘコミを修正する

その他のメンテナンス

リアショックのダンピングフォースアジャスティングケーブルが固着していて、減衰力1のまま動かせない状態だった。せっかく3段階の調整機能が付いているのに・・・。強く動かしたらノブの根元が割れてしまった。

ケーブルの端にジップロックの袋を輪ゴムで取付けて、ここにパーツクリーナーを入れてケーブル内に流し込む。少しずつワイヤーが動くようになり、やがて錆と共にパーツクリーナーがケーブルの反対側の端まで流れ出て固着解消。

そのままジップロックにエンジンオイルを少量入れて自然落下させる。これで潤滑もOK。ジップロックを外して一晩そのまま吊るし、余分なオイルをケーブル内から抜く。

割れてしまったノブの根元を修理。ハンダごてで溝を彫る。

そこにステンレスワイヤーをかけ、ワイヤーツイスターで捻ってケーブルと接合。

たまたま手元にあった熱収縮チューブでカバーしておいた。黄色はイマイチなのでさらに黒いビニールテープを巻いてみる。

ショックアブソーバーのブラケットに取付け。アジャスティングレバーにワイヤーの先端をはめ、コッターピンを差す。

これで無事、3段階の減衰力調整が出来るようになった。

減衰力調整ケーブルの固着を直す

ウィリー仕様にする

エアバルブキャップを製作する

ステンメッシュホースに換装する

同調を取る

TRACをキャンセルする

ステアリングダンパーを付ける

84シートカウルを付ける

ユーザー車検を受ける

アーシングをする

ホイールベアリングを交換する

チェーンを交換する

サブラジエーターダクトを交換する

キャニスター取外し&ホーンの移設

FブレーキマスターをOHする

○ カリフォルニア仕様スペック

○ タイヤインプレッション

○ VF1000Rの乗り方を考える

フロントフォークをOHする

DJ-1R

YouTube

Memories

TZR50R

VF1000R

1/12

88NSR

YZF-R25

>> HOME

>>TOP